日本銀行はMoMoの株式を購入するために1億7000万USDを費やしました。

日本のみずほ銀行は、Momo e-walletの所有者であるM-Serviceの7.5%の株式を購入するために200億円(1億7000万USD)を費やすと見込まれています。

上記の情報は12月10日に日経新聞に掲載されたもので、みずほのベトナムでの小売事業のレバレッジを生み出すために、今年末に取引が行われる予定であると述べています。一方、MoMo側はまだこの情報についてコメントしていません。

みずほは海外投資でライバルに遅れをとっているが、アジアの成長地域を積極的に活用し始めたいと日経は語った。日本銀行は現在、東南アジアの人口と経済が成長し続ける中、東南アジアの金融セクターでより大きな地位を占めることを目指しています。

M-Serviceへの投資は , 、みずほの財務健全性の指標であるTier 1普通株式比率が9%の目標を達成し、最近9.6%に上昇した後に行われます。M-Serviceへの投資は、両当事者がベトナムの小売市場での協力を強化するのに役立つと期待されています。x

2011年、みずほはベトナム外国貿易合弁会社(ベトコムバンク)に投資しました。 M-Serviceへの投資は、VietcombankとMoMoの両方が将来ベトナムの小売市場での協力を強化するのに役立つと期待されています。

M-Serviceは2007年に設立され、1,400人以上の従業員を擁し、本社はホーチミン市にあり、ハノイとダナンにオフィスとともにあります。彼らはMoMoウォレットを所有しており、ベトナムには2,000万人以上のユーザーがいます。同社は、MoMoを、市場シェアの50%以上を活用して、ユーザーが多くのサービスにアクセスできるスーパーアプリに変えようとしています。

2021年10月、アジアの評判の良い市場調査部門であるDecision Labは、MoMoをベトナムで最も使用されているEウォレットとして評価し、使用率は最大86%レポート「ベトナムでのEウォレットの台頭」。

2021年10月、アジアの評判の良い市場調査部門であるDecision Labは、MoMoをベトナムで最も使用されているeウォレットとして評価し、ベトナムのEウォレットで最大86%の使用率を示しました(「ベトナムでのEウォレットの台頭」という報告書)。

Total Business Consulting Services Co.,ltd

Address: 15F Metro Tower, 667 Dien Bien Phu, Ward 25, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City

Tel: 028-3535-8001

E-mail: info@tbcs.com.vn

Web: tbcs.com.vn