12月15日から国際線運航を再開することを満場一致で可決

12月9日の午後、ファム・ビンミン副首相が、交通運輸省の提案で、関係省庁の出席を得て、12月15日から国際線運航開始の計画について話し合う会議の議長を務めた。

交通運輸省の国際線運航再開の計画によると、2期に分けて試行する。

第1期では、実施期間は15日からの2週間となって、北京(中国)、東京(日本)、ソウル(韓国)、台北(台湾)、バンコク(タイ)、シンガポール、ビエンチャン(ラオス)、プノンペン(カンボジア)、サンフランシスコまたはロサンゼルス(米国)との間の国際線定期便を運航する。

これらの都市は安全性が高いとされ、経済や政治、外交面においてベトナムにとって最も重要なパートナーであり、ベトナムとの間の投資家、専門家、労働者の移動需要が多く、在外ベトナム人も多い。

イバイ国際空港(ハノイ市)とタンソンニャット国際空港(ホーチミン市)は第1期の国際線定期便を受け入れる。片道週4便の運航を提案して、1週間あたりの入国者数が約1万4000人と見込まれる。

第2期では実施期間は第1期の終わる日から1か月となって、2022年1月から見通する。この期は第1期の路線に加え、クアラルンプール(マレーシア)、香港、パリ(フランス)、フランクフルト(ドイツ)、◇シドニー(オーストラリア)、モスクワ(ロシア)に追加する。

その上、受け入れ空港は第1期の空港に加え、ダナン国際空港(南中部沿岸地方ダナン市)、カムラン国際空港(同カインホア省)、フーコック国際空港(南部メコンデルタ地方キエンザン省)、バンドン国際空港(東北部地方クアンニン省)を追加することを提案する。

片道週7便の運航を提案して、1週間あたりの入国者数は約4万人と見込まれる。

交通運輸省は国際線定期便の運航再開に併せて、政府に対し、ワクチンを十分接種し、なおかつ検査で陰性だった入国者に対する隔離措置の免除をガイダンスすることを保健省に指導するよう要請した。

ガイドラインが省庁に必要であるという提案に関して、

ベトナムに新しい入国後の隔離に関するガイドラインについて、Do Xuan Tuyen副大臣は、保健省が草案を完成させ、意見を求めていると述べた。省との協議はまもなく発行される予定である。

今は試行段階であるため、安全係数の高い国を選択し、相互に実施する。 飛行機でベトナムに入国者は、病気の予防に関する規制を満たさなければなりません。 ワクチンを2回接種した、またはCOVID-19から回復した、搭乗前72時間以内にPCR検査が陰性である。

Total Business Consulting Services Co.,ltd

Address: 15F Metro Tower, 667 Dien Bien Phu, Ward 25, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City

Tel: 028-3535-8001

E-mail: info@tbcs.com.vn

Web: tbcs.com.vn