国際会計基準 – IFRSに変換する際、何を取得するか 。

投資コストと透明性を受け入れ、「気付かれる」かもしれませんが、その見返りとして、ベトナムの会計基準(VAS)を国際会計基準(IFRS)に変換する企業は、利益を享受し、外国投資から甘い成果を得ると同時に、大胆に世界市場に足を踏み入れる。

1.資本移転の傾向を掴む。

これは、投資家が資本を活用し、収益性の高い場所を見つけ、地政学的リスクを回避する機会である·。その意味で、ベトナムは世界の大手企業からこの地域の魅力的な投資先の1つと見なされている。

これらの資本の流れを予測するために、これは企業が国際的な慣行に従って財務報告システムを標準化するために財源を費やし、機会がドアをノックしたときに潜在的な投資家とつながる時である。さらに、IFRSが企業や投資家にもたらすメリットは、透明性の向上、タイムリーで正確な情報提供である。

2.IFRSは、会社の価値と戦略的ビジョンである。

国際市場で債務証書を上場または発行したがる場合、投資家はVAS基準に従って財務諸表を読むことができないため、企業は投資家にIFRS財務諸表を提供する必要があります。

IFRSを成功裏に実施するためには、会社のリーダーシップからのコンセンサス、サポート、および抜本的な指示が必要である。

3.費用負担、人的資源の難しさ

証券委員会の監督部長である Le Cong Đien氏によると、現在、IFRSを使用し、適用する準備ができている企業は、主に金融および銀行セクターの企業である。「非金融セクターの場合、主に株主、スポンサーの要件、または国際資本市場への参入の必要性のためにのみIFRS基準を当てはまる。普通は、こんな企業の準備のレベルは低く、IFRS基準を使う企業の数は多くありません。」と述べました。

次の問題のため:

第一に、新しい規制を適用する際の法的方針には多くの問題があります。

第二に、人材と資金調達の難しさ。最近、エピデミックの悪影響により、スタッフを削減しなければならず、多くの企業でさえ、通常の情報開示義務の「延期」を申請しなければなりませんでした。その上、多くの企業は損失の「悲劇」に陥り、コストも大きな問題である。

第三に、VAS基準とIFRS基準の違いによる困難は、株主の利益に関連する「証券法」に基づく募集の条件、最初の上場の条件、または税引後利益からの配当金の支払いに影響を与える可能性がある。

PwCベトナムの監査および会計サービス担当副長官であるLuong Anh Tuyet氏は、「IFRS基準への転換にかかる費用は少なくないため、予算は各職務に分割する必要があります。これは、会社のコストの「負担」としてではなく、将来の利益を伴う投資として見なされるべきです。」と次のように提案しました。

Total Business Consulting Services Co.,ltd

Address: 15F Metro Tower, 667 Dien Bien Phu, Ward 25, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City

Tel: 028-3535-8001

E-mail: info@tbcs.com.vn

Web: tbcs.com.vn