ベトナム航空は、日本と米国へのフライトを再開する準備ができています。

ベトナム民間航空局は、航空会社が日本と米国への定期的な国際線のチケットを開いて販売することを許可しています。

12月23日の朝、ベトナムのĐinh Việt Thắng民間航空局長は、2022年1月1日から、政府のスケジュールに従って定期的な国際路線を開通する計画について、他国の航空当局と交渉したと述べました。

これまで、日本の航空当局はベトナムの飛行計画に同意しており、それに伴い、米国側もベトナム航空がこの国への定期直行便を開くことを許可することを受け入れています。

以前、政府は、安全率の高い地域、まずはBắc Kinh/Quảng Châu, Tokyo, Seoul, Đài Bắc, Bangkok, Singapore, Vientiane, Phnom Penh, San Francisco/Los Angeles.に乗客を運ぶ定期国際線を復旧する計画に合意しました。

Đinh Việt Thắng氏によると、日本へのフライトで、ハノイとホーチミン市から東京への流行の前に、VietnamAirlineとVietjetだけが飛んだので、部門はこれらの2つの航空会社にのみ割り当てることに同意しました。日本側はまた、ベトナムの民間航空局に、日本航空とANAの2つの航空会社をベトナムとのフライトを再開するように指定することを通知しました。

Vietnam Airlines は24日、2022年1月6日(木)から成田~ハノイ線(週2便)、1月11日(火)から成田~ホーチミン線(週1便)の定期便の運航を再開すると発表した。ベトナム政府当局が国際線定期便の運航を一時停止して以来、1年9か月ぶりの運航再開となります。

なお、その他の路線を含めた1月1日以降の冬季運航スケジュールについては、本社の決定後に通知します。

 運航路線の詳細は以下の通り。